基礎知識

基礎知識

チャート分析とシナリオを最重要視

 

 

トレードでもっとも力を入れているのがチャート分析とシナリオになります。

 

チャート分析とシナリオはいわゆる戦略というやつで戦いの前に
勝負の前に必ず戦略というのは組み立てるはずです。
FXにおいても例外ではなく、戦いの前の戦略に

 

95%の力を注ぎます

 

チャート分析とシナリオの考え方については次の動画をごらんください。

 

 

チャート分析とシナリオの考え方

 

 

複数の通ペアを分析するとみえてくるもの

 

 

レンジの話

 

 

勝てないトレーダーの多くはこのチャート分析とシナリオ
特にシナリオを軽視しているように感じます。

 

たまにこういう質問をいただきます。

 

 

○○が××なので上昇すると思いますが
見方はこれであってるでしょうか?

 

 

そもそもですが、上昇するのか?とか下降するのか?
とか予想する必要はありません。

 

 

我々は競馬の予想屋とは違います。
予想ではなく

 

 

上昇したときはどうする
下降したときはどうする

 

 

という風に事前に決め事をしておくだけですこれがシナリオであり、戦略となります。
つまり、戦略のあるトレーダーは、上昇しようが、下降しようが別にどっちでもいいんです。

 

上昇したら上昇したときのシナリオ
下降したら下降したときのシナリオを発動するだけです。

 

シナリオの考え方が無かった方は、まずはその考え方を根本から変えましょう
大切なことなのでもう一度言います

 

 

上昇するのか?とか下降するのか?とか予想する必要はありません。
考えても分からないことは、考えなくてもいいです

 

そのかわり

 

 

上昇してもいいように
下降してもいいように

 

 

事前の準備を徹底しておきましょう!!

 

 

なので私は、エントリー前の準備として
チャート分析とシナリオに95%の力を注ぎます。

 

敵を知り己を知れば百戦危うからず

 

ですね。

 

 

 

 

・水平線

 

続いてもっとも重要視している指標の水平線について
まずは動画をごらんください。

 

 

水平線の使い方

 

 

サポートレジスタンスライン付近の戦略

 

小さい足に大きい足のサポレジを組み込む理由

 

 

 

また、半値は見えない水平線として活用しています。

 

半値とは?

 

 

水平線を重視する理由は、水平線はロウソク足からできているサインであることです。

 

 

ロウソクは世界中の多くのトレーダーが見ているチャートになります。
全てのトレーダーが水平線を使っていないにしても
チャートで節目となるような山と谷は意識しているはずです。

 

チャートで節目となるような山と谷、それはつまり水平線です。

 

水平線は(実際引かれていないとしても)
多くのトレーダーに意識されているサインということになります。

 

 

基礎知識

 

 

例えば、ボリンジャーバンドの2σに当たったら、なんとか・・・
というテクニカルな判断基準もありますが

 

ボリンジャーバンドとロウソク足

 

 

どちらがより多くの人に見られているか?
どちらがより多くの人に意識されているか?

 

 

という観点から自分は水平線を採用しています。
(ボリンジャーバンドを否定しているわけではありません)

 

 

・大きい足を意識する(木を見て森を見ず)

 

FXで大切なのは大きい足を意識するということ・・・
というような言葉をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが

 

ですが、”意識する”という言葉では物足りないと思います。

 

 

生ぬるいです

 

 

意識するって、どれくらい意識すればいいの?

 

なんとなく意識?
頭の片隅に置いておけばいいくらいの意識?

 

なまじ、意識という言葉を使うから大きい足への
意識が弱いんだと思います。
ここはあえて

 

 

大きい足をリスペクトする

 

 

という言葉を使ってみたいと思います。

 

 

基礎知識

 

 

特に初心者のうちは中々、大きい足を意識しろといわれても
実際、どう意識していいか分からないですよね。
だから・・・

 

 

尊重してあげてください。

 

 

大きい足の行きたい方向を尊重するんです。
そういう意識で見れば、大きい足の見え方も変わってくると思います。
なんだかんだ、毎日色々なことが起きて
色々な経済指標が発表されて、小さい足では上へ下へと動きますけど。

 

 

結果的に大きい足の行きたい方向に動く

 

 

ということは多いです。
大きい足の流れにはなるべく逆らわずエントリーする
逆らって入る場合は、早めの利食いを心がける
大きい足のサポレジをしっかり確認する。

 

大きい足を尊重していれば自然とそういうトレードになっていくと思います。

 

 

順張りと逆張りの考え方

 

 

大きい時間足を分析する重要性

 

 

基礎知識2へ続く